更年期障害 サプリメント

MENU

更年期障害とは?

女性が40歳を過ぎた辺りから気になり始める更年期障害。

 

更年期障害とは一体どういうものなのか紹介したいと思います。

 

 

更年期について

更年期障害 画像

 

まず、更年期とはいつのことを指すのでしょうか?

 

大体、閉経を挟み前後10年くらいの期間を指しています。

 

日本人女性の平均的な閉経の年齢は50歳になるので、
40代半ばから50代半ばくらいまでが更年期にあたりますね。

 

 

更年期障害と症状について

更年期障害 画像

 

閉経が近付くにつれて、卵巣の機能が落ちてしまいます。
そうすると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が激減し、
それが原因で身体や精神的に不調が現れることがあります。

 

症状が不快だと感じる程度であれば更年期症状と呼び、
それが日常生活に支障となる程になると更年期障害と呼んでいます。

 

 

では、更年期障害にはどのような症状があるのでしょうか。

 

 

・ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)、発汗
・体の怠さ、倦怠感、疲労感
・イライラ、気分が落ち込む、不安感
・更年期鬱
・動機、息切れ、ま
・不眠等の睡眠障害
・手足の痺れ、神経痛
・関節痛
・頭痛、肩凝り
・腰痛
・めまい
・便秘
・肌トラブル(乾燥、しわ等)
・冷え性
・肥満
・頻尿、尿漏れ

・耳鳴り
・記憶力低下、物忘れ

 

 

このような症状が更年期障害の症状として知られています。
色々な症状がありますし、いくつもの症状が現れることもあります。

 

40歳を過ぎた辺りから思い当たる症状がある場合、
更年期について意識することが大切です。

 

 

では、更年期障害の症状の中から、
代表的ともいえるいくつかの症状についてさらに詳しく紹介します。

 

 

ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)

更年期障害 画像

 

暑いところで汗が出るのは当たり前のことですが、
更年期の症状としては暑さに関係なく体がほてることがあります。

 

具体的には「寒い冬なのに寝ている間に汗でぐっしょり」
「顔がほてって多量に汗が出る」「急に体がほてり汗が出る」
「考え事をしていたら急に汗が出る」など。

 

寒い中でも汗が出たり、精神的なことが関係して汗が出たりします。

 

寒い中汗をかいた服を着替えるのは辛いですし、
ほてりのせいで睡眠不足になってしまうこともあるようです。

 

さらに酷いと、汗をかくことで体力を消耗して疲れてしまい、
家事などの日常生活に支障をきたすこともあるといいます。

 

 

更年期鬱

 

更年期の時期に鬱状態になる人は多く、更年期鬱は珍しくありません。

 

真面目で一生懸命に頑張ってきた人ほど
更年期鬱にになりやすい傾向があるようです。

 

 

めまい

 

更年期の代表的な症状のひとつがめまいです。

 

めまいの症状は40代女性の3人に1人にあるといわれています。

 

めまいにもいくつか種類があります。

 

 

まず周りの景色がぐるぐる回って見える回転性めまい。
吐き気を伴うこともありますが、30〜60秒で収まります。

 

原因は耳にあり、カルシウム不足が原因にあるようです。

 

更年期障害 画像

 

次に雲の上をふわふわと歩いているような浮動性めまい。
船の上で揺られている感覚にも似ていて、
長時間続くこともあります。

 

自律神経の乱れや脳血管障害、心因性の病気が原因にあります。

 

 

そして立ちくらみと眼前暗黒感と呼ばれるめまいです。

 

これは急に立ち上がった時にくらっとしたり、
長時間立ってい目の前が暗くなる症状です。

 

血圧が低いとなりやすいようです。

 

更年期障害 画像

 

また、めまいの中には重要な病気が隠れていることがあります。

 

難聴や耳鳴りを伴う場合、メニエール病や突発性難聴、
ふらつきを伴う場合は前庭神経炎。
そして手足のしびれを伴うめまいは脳卒中の可能性があります。

 

更年期でめまいがいつものことになってしまい、
大したことないと放っておくとこういった病気を見逃すことがあります。

 

症状が重い場合は病院で検査するのをお勧めします。