更年期障害 サプリメント

MENU

更年期障害の原因は?

更年期障害 原因 画像更年期障害の原因には女性ホルモンのエストロゲン

関係してきます。

 

エストロゲンは年齢と共に分泌量が変化しますが、
大体40歳を過ぎる辺りから減少し始めます。

 

そして閉経前後の約5年、いわゆる更年期の時期に入ると
一気にその分泌量が減ってしまいます。
(この年齢には個人差があります)

 

 

エストロゲンが減るとどうなるのか

 

エストロゲンが更年期の時期になり減ると、
身体にはどういった変化が起きるのでしょうか?

 

まず、脳が不足している女性ホルモンを分泌させようとします。

 

具体的にはエストロゲンを分泌させるためのホルモンを分泌させます。

 

通常ならその働きでエストロゲンが分泌されますが、
卵巣機能が低下している更年期では大して量は増えません。

 

脳は指示を出しているのに実際は分泌されない、
そんなことを繰り返すうちにホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

更年期障害 原因 画像

 

ホルモンバランスが乱れると自律神経も影響を受けます。
これは脳の同じところで管理しているからです。

 

ホルモンバランスや自律神経の乱れは
身体の様々な場所に影響を及ぼして不調を引き起こしてしまいます。

 

そうして起きるのが更年期障害です。

 

 

更年期障害の諸症状の原因

 

いくつかの症状について原因を詳しく説明します。

 

 

ホットフラッシュ

更年期障害 原因 画像

 

エストロゲンの減少によりホルモンバランスが乱れると、
甲状腺ホルモンやアドレナリンといったものも分泌されます。

 

これらが血管を収縮させたり、体温を上げたりします。

 

それによりほてったり発汗したりしてしまうのです。

 

 

ホットフラッシュは上半身だけのぼせて
下半身は冷たいという特徴があります。

 

これは血管は狭くなっていて血流が悪いからです。
その為、上半身だけ汗をかくということが起きるのです。

 

この時かく汗は皮脂や塩分を多く含むので
べたべたとして臭いも伴うものになります。

 

 

頭痛

更年期障害 原因 画像

 

エストロゲンの減少の影響で脳の血管が収縮したり
痙攣しておこるとされています。

 

血流が悪いので肩凝りを伴うこともあります。

 

 

不眠

 

自律神経が乱れることで身体が上手く休めなくなり、
寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったりしてしまいます。

 

 

便秘

更年期障害 原因 画像

 

エストロゲンが急激に減少することで、
体内の粘膜の潤いが失われてしまうとされています。

 

それに加えてホルモンバランスの乱れにより、
腸の動きも悪くなってしまいます。

 

さらに更年期は身体の代謝も悪くなり、
今までの食事量を消費できないということも重なってきます。

 

こういった要因が重なることで、
元々便秘がちな人もさらに頑固な便秘を引き起こしてしまいます。

 

 

動機、息切れ

 

自律神経が乱れることで、心臓の働きにも影響を与え
動悸や息切れ、不整脈などを引き起こすことがあります。

 

動悸や息切れは更年期障害だと思っていたら、
実は別の病気が原因ということもあります。

 

病院で呼吸器や循環器系に異常がないか調べてみて、
異常がない時に更年期障害が原因と考えられます。

 

 

更年期障害の動機や息切れはホットフラッシュや
頭痛、めまいなどとともに現れることが多いようです。